職人・社長のメッセージ


by taikomasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小豆島一周

昨日、小豆島へ太鼓の配達へ行ってきました。
今回配達したのは、皮の張替えや金具類を交換した長胴太鼓の2尺7寸。遠方からの太鼓の注文や皮の張替え依頼などあった場合は運送会社に頼んで商品をお客様にお届けしているのですが、2尺7寸もの大きさになると保険をかけると保険代が高額になったり、商品自身が高額なため運送会社に引き受けてもらえなかったりします。その為、今回は直接配達させていただきました。
小豆島への交通手段はフェリー。今回は姫路7時15分発のフェリーに乗る為、早朝に家を出ることになりました。
配達当日の昨日朝起きてすぐに私の携帯に先輩職人のIさんからの着信が・・・。前日、会社で朝起きれるか心配と話していた為、わざわざ心配してモーニングコールをかけてきてくれたのです。そんなIさんに感謝しながら出発。(とは言っても一番の早起きは配達の車で私の家まで私をピックアップしてくれた一緒に配達に行った社長なのですが・・・。)
そんなこんなで予定通りフェリー出発の30分前に港へ着く事ができました。そしてフェリーに乗ること100分。無事に小豆島へ到着。
港と配達場所の位置関係は島の反対の場所。島に対して右回りの道で無事に配達場所までたどり着く事が出来ました。
今回のお客様は私が最初から話をさせていただいた方で、仕上がった太鼓にどう反応されるのか気になっていたのですが、喜んでいただけました。
配達に行っての一番のメリットはやっぱりお客様の満足していただいた時の反応を見れることです。作業は私一人で進めることは出来ないのですが、多少なり私も作業に携わってるのは事実。その太鼓に満足していただけてる姿を見るとうれしいものです。
無事に太鼓を納品した後、今度は予約していた帰りのフェリーに向けて港へ出発。
ナビをセットし港へ向かったのですが今度は何故か来た道とは違う案内が・・・。港から右回りで配達場所まできてそのまま右回りで港へ向かうことになりました。そんなかたちで小豆島を一周することができました。小豆島への滞在はわずか2時間45分ほどだったのですが、お客様の喜んでいただいた顔を見れ、しかも島を一周するという貴重な体験をさせていただいた一日でした。
f0082304_22525739.jpg


写真は帰りのフェリーから撮った小豆島の写真です。
[PR]
by taikomasa | 2007-11-29 22:56 | 職人1号ブログ