職人・社長のメッセージ


by taikomasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

社長ブログスタート!

はじめまして、代表の南本と申します。
これから太鼓屋さんのブログに社長ブログとして投稿していきますので、
よろしくお願い致します。職人ブログにつきましては、新人職人による投稿を予定しておりますので、ご期待ください。(用意出来次第、投稿予定。)
f0082304_11564031.jpg
記念すべき1回目の社長ブログは、職人にとって大切な仕事道具製作依頼を金物のまち三木市に行った話しです。
若手職人3名と一路向かったわけですが、なぜわざわざ三木までというのは
太鼓の胴を加工する為の特殊の道具ということもあるのですが、やっぱり手作りはいい!私どもの太鼓もそうですが、職人が1つ1つ作るものは切れ味、耐久性などどれをとってもすばらしい。お値段は高価ですが・・・
以前、弊社の職人が三木でノミを買ったのですが、大阪の金物屋で購入したものよりもちがよかったのです。
さて、現地に到着し直接製造元にお邪魔してきました。鑿職人のTさんいきなりお邪魔してご親切していただきありがとうございます。
Tさんは伝統工芸師で鑿にこだわりをもっておられる方で、太鼓職人と聞くと熱く語っていただきました。「鑿1つとっても、使う相手によって鋼を使い分ける。」など、いろいろ勉強になりました。
出来上がりが楽しみです。
Tさんの仕事場の周辺には、数々の職人さんがおられどこもこだわって製作されていました。
今回、職人の方々にお話を聞くことができて感じた事なのですが、手作りの品物に共通して(太鼓も)ものがいいので、長持ちがする。購入時は高くついても、長持ちするのでながい目で見れば安くつく!!
帰りに三木の道の駅によってきました。ここには、金物展示館があり、播州三木刃物が見ることができます。
お近くを通る際は、是非よってみて下さい。


株式会社 太鼓正 南本
[PR]
# by taikomasa | 2006-03-09 13:06 | 社長ブログ

大阪市浪速区と和太鼓

f0082304_17192825.jpg
弊社のある「大阪市浪速区」は、江戸時代には全国有数の太鼓の産地として活況を呈していました。
約300年の歴史を正しく伝える試みで、「太鼓ロード」(仮称)として町づくりが始まっており、JR大阪環状線芦原橋駅周辺には、モニュメント・案内板など、バス停や道標も、太鼓をイメージしたものとなっています。
[PR]
# by taikomasa | 2006-03-06 17:20 | TOPIC
f0082304_13353246.jpg太鼓正はJR環状線・芦原橋駅前にあります。JR環状線・芦原橋駅前にあります。
太鼓をモーチーフとした建物の1Fショールームにはだんじりを展示、3Fには「太鼓道場 政楽館」
政楽館では、和太鼓教室を開催しており3月26日(日)には1年の練習の成果を披露する太鼓教室「政楽館」演奏発表会を行いますので、是非ご来場下さい。(入場無料)
[PR]
# by taikomasa | 2006-03-04 13:48 | 政楽館情報



f0082304_200227.jpg
弊社があります浪速区は、江戸時代に多くの太鼓職人が集まり、全国有数の太鼓づくりの地として活況を呈したといいます。和太鼓は大阪の伝統工芸品でもあります。弊社はその太鼓の製造技術を受け継ぎ、昔とかわらない手作業で和太鼓の製作―音づくり―をしています。
太鼓屋さんのブログとして、職人・社長のウィークリーメッセージを投稿していきますので、よろしくお願い致します。

 株式会社 太鼓正
[PR]
# by taikomasa | 2006-03-01 19:40 | 太鼓正情報