職人・社長のメッセージ


by taikomasa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

配達の帰り

昨日、鳥取へ配達に行った帰りに立ち寄った道の駅でのこと。
変わったお土産を見つけました!(以前も書き込みしましたが遠方へ配達に行った際、途中のトイレ休憩などで立ち寄った所で、そこにあるお土産物を見るのが私は好きなのです。)
その土産とは・・・チョコクッキー。

f0082304_20525962.jpg


これって今年ブレイクした小島よ○おをイメージさせるパッケージのチョコクッキー。
販売員の方がいる前で思わず携帯のカメラで撮ってしまいました。
今年の途中からテレビでよく見かける小島よ○お。こんなところにまで影響が出てきてるとは・・・。
しかし、いつまで販売し続けれるのか・・・でもそんなの関係ねぇ!
[PR]
by taikomasa | 2007-12-24 21:14 | 職人1号ブログ

もうすぐクリスマス!

もうすぐクリスマス!
通勤途中にもあちらこちらでクリスマスツリーを見かける今日この頃です。
娘は昨日、幼稚園でちょっと早いクリスマス会があったみたいで、サンタさんにも会えたそうです。私のクリスマスでの一番の思い出はというと子供の頃、サンタさんからのプレゼントに私の知っているおもちゃ屋の値札の貼られた事です。今でもクリスマスといえば真っ先に思い出すとても印象に残るクリスマスでした。
妻から聞いたのですが北欧の国でクリスマス(クリスマスイブ?)の晩にケーキを一切れ置いて寝ると、翌日の朝にはサンタクロースが一口ケーキを食べた残りのケーキが置いてあるという風習があるそうです。
我が家では今年のクリスマスにやってみようと思っています。
皆さんも今年のクリスマスに試してはいかがでしょうか?
そして私がサンタさんに望むことは・・・娘のプレゼンに値札付きで置いておかなことです。
[PR]
by taikomasa | 2007-12-22 00:06 | 職人1号ブログ

取材

昨日取材がありました。
取材していただいたのは尼崎信用金庫さん。
太鼓作りの工程などを各店舗で流していただけるそうです。
カメラで撮影されながら私も太鼓張りなどの作業をしました。
実は、私自身太鼓張りの作業をしたのはちょっと間が空いていておりました。
太鼓張りは作業の中でも結構体力のいる作業。
カメラがまわっていると変な力が入り、いつも以上に疲れました・・・。
年明けに尼崎信用金庫さんの各店舗でながしていただけるそうですので、太鼓創りに興味のある方はぜひご覧ください。
[PR]
by taikomasa | 2007-12-15 23:32 | 職人1号ブログ

私のノミ

下の写真は私のノミです。
f0082304_2395147.jpg

とある先輩から譲り受けた物です。
写真のノミを一番使用する作業は『入れ木』という作業の時です。
入れ木とは、歌口(胴の端の部分)に割れが入ったり欠けてしまったところに新たな木を入れる作業のことです。
(下の写真が入れ木をしている途中のものです。)
f0082304_2415734.jpg

大まかに削るのは電動工具を用いるのですが、きっちり入れる木に合わせ歌口を削るのにノミが必要となります。
私にとって、以前書き込んだカンナと同じくらい重要な道具の一つです。
[PR]
by taikomasa | 2007-12-13 02:51 | 職人1号ブログ

会社見学

昨日、会社近くの小学校4年生が社会科の授業の一環で見学にこられました。
太鼓を張っている所の見学と太鼓を作っていく工程の説明という内容で、私が製造工程の説明をさせてもらいました。
事前にある程度説明することなど考えていたのですが、いざ本番となると考えていたこと通りに説明できず、わかってもらえたか不安が残っています。
今回の見学、小学生だったということもあり好奇心がすごい!
乾皮や、水につけて柔らかくなった皮、胴など多くの小学生が実際に触り、いろいろな反応をしてくれました。中には「大人になったら太鼓を買いにきます!」と言ってくれた子まで・・・。
今回の見学のことをみんなが少しでも覚えていてくれたらと思います。
[PR]
by taikomasa | 2007-12-07 22:59 | 職人1号ブログ
作業中、時々一人で持てるかどうか微妙な太鼓の胴を持ち上げ合いをしています。(とは言っても2~3人でですが・・・。)
もともとのきっかけはいつも私にあります。
張替えにきた太鼓や、これから新調となる胴で一人で動かすのが難しそうに感じた時、すぐに誰かに手伝ってもらうようお願いするのです。そんな時、周りにいた人達と持ち上げ合いをするのです。最近はやっと太鼓の持ち方に慣れてきて少しずつは大きい太鼓も持てるようになってはきました。
しかし今回、長胴太鼓の2尺1寸(約63センチ)の胴を持ち上げる時のこと。
車の荷台に載せることはできたのですが、降ろすことができない・・・。社内で一番力のあるNさんに一緒に降ろしてもらうようお願いしました。
頼んでみると「一人で降ろせるやろ!」と笑いながら一言。おそらく50~60キロはあると思うのですが・・・。
しかし、実際一人で普通に持ち上げるNさん。
私なんかまだまだです。
[PR]
by taikomasa | 2007-12-02 17:02 | 職人1号ブログ