職人・社長のメッセージ


by taikomasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5000人突破!

このブログを見ていただいた方が5000人を突破いたしました!(身内がどれだけ見ているかわかりませんが・・・。)
皆様どうもありがとうございます。
毎回見ていただいている方々にわかりやすいように書けているか疑問を持ちつつ更新していますが、これからもしつこく更新していきますので宜しくお願い致します。
[PR]
by taikomasa | 2007-05-26 00:22 | 職人1号ブログ

蒲団太鼓

ただ今、蒲団太鼓のカバー(上のほうの5段に重ねられたもののカバー)を製作しています。
f0082304_2326159.jpg

上の写真のように外側になる赤い布と内側になる白い布とを縫いながら作っていきます。
まず、一番重要なのが裁断です。寸法が出てないとゆるくなったり、かぶせれなくなったりします。
裁断が終わると、ちょうどの大きさになるかどうか気にしながらミシンがけです。
使用しているミシンは業務用のもので、足でスピード調節するタイプのものです。初めてこのミシンを使った時はスピード調整がうまくいかず、よく止める所を過ぎてしまったりしました。
何度か練習し、ミシンをある程度使えるようになった状態での初めて商品としてのミシンがけ。
そして、ひたすらミシンで縫い続け下のような状態まで出来ました。(とは言っても3段だけですが・・・。)
f0082304_23243762.jpg

残りあと2段。目の疲れと戦いながらもう少しミシンがけが続きます。
[PR]
by taikomasa | 2007-05-24 23:20 | 職人1号ブログ

太鼓の引き取り

f0082304_1531161.jpg


5月12日(土)に太鼓の引き取りへ行ってきました。
場所は大阪府泉南郡。阪神高速堺線を通り、そのまま26号線を走り約1時間半。今回お預かりした太鼓は祭りのやぐらに使用されているもので、直径3尺4寸(約1m)、高さ(長さ)は4尺(約1.2m)。かなりの大きさです。
これだけの大きさの太鼓の皮を用意しようとしたら、厚みのあるもので傷の無い皮を用意しなければならず、皮を探すのに一苦労しそうです。(皮は牛の皮を使用している為、1枚1枚違いがあります。)
秋に行われる祭りに向け、練習の予定もあるでしょうから出来るだけ早く皮の段取りをしなければと思います。
そして、出来上がった太鼓が祭りで使用されている所を見てみたいと思いました。
[PR]
by taikomasa | 2007-05-14 16:11 | 職人1号ブログ

???

先日、張り替えでお預かりした太鼓の皮をめくったMさんが突然私を呼びました。
「面白いものがある」と言うMさんの視線の先を見てみると・・・。
f0082304_0324628.jpg

パッと見ても私は何も気付かず、もう一度良く見てみると・・・。
胴と皮の間に何かが・・・。
f0082304_0332510.jpg

さらにその部分を良く見てみると・・・。
f0082304_0333648.jpg

なぜか百円玉が落ちてました。
おそらく、破れた皮の切れ目から誰かが入れたのでしょう。
なぜお金を入れたのかわかりませんが、
これを見た皆様は真似されないようお願い致します。
[PR]
by taikomasa | 2007-05-07 23:29 | 職人1号ブログ