職人・社長のメッセージ


by taikomasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3月26日に阿倍野区民センターで行われた太鼓教室「政楽館」演奏発表会に行ってきました。
実は太鼓の演奏は初めて聞かせてもらったのですが、太鼓の演奏はやっぱりすごい迫力がありました。耳で聞くというより体全体で聞くもののように思いました。演奏された生徒の皆さんの表情もすごく生き生きとされていたのも印象的でした。本当にすばらしい演奏ありがとうございました。
太鼓正で働き出して間もないのですが、皆さんが生き生きと演奏できるのにふさわしい太鼓を作れるよう毎日頑張らなければと思う次第です。
 それから、和楽、飛龍の皆さんもすばらしい演奏ありがとうございました。文章としてうまく表現できないのですが本当に感動しました。
[PR]
by taikomasa | 2006-03-28 18:48 | 職人1号ブログ
f0082304_1241025.jpg
昨日、第8回 政楽館 和太鼓教室発表会が行われました。阿倍野区民ホールを立ち見が出るほどの盛況ぶり!
各クラスの生徒さんが1年間の練習の成果を発表した訳ですが、どのクラスもすばらしい演奏で感激致しました。
政楽館和太鼓教室は道場開きの9年前から開講しており、開講当初は1クラスだけで数名の生徒さんだけでした。今はおかげさまで約100名の生徒さんが受講されております。ここまでこれたのも生徒さん、講師の皆様のおかげです。この場をお借りして感謝申し上げます。
さて、当日の内容ですが各クラス(6クラス)の発表演奏があり、和太鼓教室の生徒さん有志で結成した和太鼓 政の演奏がありました。和太鼓 政は福祉施設への訪問演奏等を中心に活動しており、今後の活躍に期待しています。(来月に政楽館サイトで紹介予定)
最後にはプロの演奏で締めくくりました。今回は特別ゲストで和楽の演奏に続き、和太鼓教室の講師でもある倭太鼓 飛龍に演奏していただきました。アンコールが出るほどの盛り上がりぶりで感激しました。

株式会社 太鼓正 南本
[PR]
by taikomasa | 2006-03-27 13:45 | 社長ブログ

はじめまして

三月九日から働いてる新人です。今日からブログを投稿しますので宜しくお願いします。

太鼓に関して全くのド素人ですが、毎日、先輩職人に色々教えてもらいながら作業をしています。働き出して思ったことは、太鼓作りは想像していた以上に色々な工程があるということと、職人の感覚で作業が進められているということです。太鼓作りの中でも特に皮に関する作業は、本当に感覚が全てのようです。皮は一枚一枚(部分部分)、厚みであったり、色であったり、油の含み具合であったり違うため、その皮ごとに作業しないといけません。今の僕では正直、皮を張った太鼓の音の良し悪しはわからないので、まずは色々な太鼓の音を聞いていかなくてはと思ってます。その他にも色々覚えなくてはいけないことが沢山あり不安ですが、毎日毎日が新鮮で一日が終わるのがとても早く感じます。一日でも早く先輩職人に近づけるよう頑張ろうと思います。
[PR]
by taikomasa | 2006-03-20 19:16 | 職人1号ブログ

岸和田だんじり会館

f0082304_1731777.jpg
先日、岸和田だんじり会館に行って参りました。
イベント場所の下見と新人職人の研修をかねて、見学させていただきました。
以前見学した時にも感じたのですが、岸和田という町はお祭りに対する熱意がすごい。
数台のだんじりが展示されており、だんじりのおいたちやだんじり祭りの紹介など、祭り好きにはたまらない内容となっています。
私は商売柄、お祭りにはたいへん興味があり個人的に全国各地にお祭りを観に行くのですが、岸和田だんじり祭りはとても熱い祭りの一つだと思います。今年の岸和田だんじり祭りの日程は岸和田地区・春木地区、山手地区共に土曜日と日曜日になったので是非、観に行って下さい。

                                   株式会社 太鼓正  南本
[PR]
by taikomasa | 2006-03-17 18:23 | 社長ブログ

社長ブログスタート!

はじめまして、代表の南本と申します。
これから太鼓屋さんのブログに社長ブログとして投稿していきますので、
よろしくお願い致します。職人ブログにつきましては、新人職人による投稿を予定しておりますので、ご期待ください。(用意出来次第、投稿予定。)
f0082304_11564031.jpg
記念すべき1回目の社長ブログは、職人にとって大切な仕事道具製作依頼を金物のまち三木市に行った話しです。
若手職人3名と一路向かったわけですが、なぜわざわざ三木までというのは
太鼓の胴を加工する為の特殊の道具ということもあるのですが、やっぱり手作りはいい!私どもの太鼓もそうですが、職人が1つ1つ作るものは切れ味、耐久性などどれをとってもすばらしい。お値段は高価ですが・・・
以前、弊社の職人が三木でノミを買ったのですが、大阪の金物屋で購入したものよりもちがよかったのです。
さて、現地に到着し直接製造元にお邪魔してきました。鑿職人のTさんいきなりお邪魔してご親切していただきありがとうございます。
Tさんは伝統工芸師で鑿にこだわりをもっておられる方で、太鼓職人と聞くと熱く語っていただきました。「鑿1つとっても、使う相手によって鋼を使い分ける。」など、いろいろ勉強になりました。
出来上がりが楽しみです。
Tさんの仕事場の周辺には、数々の職人さんがおられどこもこだわって製作されていました。
今回、職人の方々にお話を聞くことができて感じた事なのですが、手作りの品物に共通して(太鼓も)ものがいいので、長持ちがする。購入時は高くついても、長持ちするのでながい目で見れば安くつく!!
帰りに三木の道の駅によってきました。ここには、金物展示館があり、播州三木刃物が見ることができます。
お近くを通る際は、是非よってみて下さい。


株式会社 太鼓正 南本
[PR]
by taikomasa | 2006-03-09 13:06 | 社長ブログ

大阪市浪速区と和太鼓

f0082304_17192825.jpg
弊社のある「大阪市浪速区」は、江戸時代には全国有数の太鼓の産地として活況を呈していました。
約300年の歴史を正しく伝える試みで、「太鼓ロード」(仮称)として町づくりが始まっており、JR大阪環状線芦原橋駅周辺には、モニュメント・案内板など、バス停や道標も、太鼓をイメージしたものとなっています。
[PR]
by taikomasa | 2006-03-06 17:20 | TOPIC
f0082304_13353246.jpg太鼓正はJR環状線・芦原橋駅前にあります。JR環状線・芦原橋駅前にあります。
太鼓をモーチーフとした建物の1Fショールームにはだんじりを展示、3Fには「太鼓道場 政楽館」
政楽館では、和太鼓教室を開催しており3月26日(日)には1年の練習の成果を披露する太鼓教室「政楽館」演奏発表会を行いますので、是非ご来場下さい。(入場無料)
[PR]
by taikomasa | 2006-03-04 13:48 | 政楽館情報



f0082304_200227.jpg
弊社があります浪速区は、江戸時代に多くの太鼓職人が集まり、全国有数の太鼓づくりの地として活況を呈したといいます。和太鼓は大阪の伝統工芸品でもあります。弊社はその太鼓の製造技術を受け継ぎ、昔とかわらない手作業で和太鼓の製作―音づくり―をしています。
太鼓屋さんのブログとして、職人・社長のウィークリーメッセージを投稿していきますので、よろしくお願い致します。

 株式会社 太鼓正
[PR]
by taikomasa | 2006-03-01 19:40 | 太鼓正情報