職人・社長のメッセージ


by taikomasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 01月 31日 ( 1 )

締太鼓その後

前々回のブログに投稿した締太鼓の皮を縫う作業を引き続きやっています。
一通りの作業は覚え、輪の歪みの修正も何とか一人で出来るようになり、作業時間も初めてやった時に比べ約半分の時間で出来るようになりました。
しかし、まだまだな部分も残ってます。例えば、皮を縫うのに必要な針の研ぎ方であったり、作業を進めていくうえでの細かい動作です。
普通、刃物を研ぐ場合は両手で砥石に対して刃物の当たる角度を一定に固定して研ぎますが、針を研ぐ場合は針が小さい為、片手で固定して研ぎます。慣れない私にとって針を研ぐのはなかなかうまくいきません。針を研いでは皮に刺して確認し、上手く研げてなかったらまた研ぎ直しと針を研ぐのに悪戦苦闘しています。
また、作業を進めていくうえでの細かい動作と言うのは針の通し方などです。皮を縫う時に針の持ち方が悪いと、一回針を通すにのに何回も針を持ちかえて無駄な動きが出来てしまいます。その癖がついてしまうとなかなか直すのは難しいそうです。変な癖がつかないよう今のうちに意識しておく必要があるそうです。
一応、何とか縫えるようになったのですが、まだまだ完璧になるまでの道のりは遠い今日この頃です。
[PR]
by taikomasa | 2007-01-31 21:15 | 職人1号ブログ